株式会社ビジネスラボラトリー

Googleストリートビュー(屋内版)

Googleストリートビューの屋内版サービスです。
ストリートビューとはGoogleのサービスの一つで、道路や公道を360度のパノラマ写真で閲覧ができるサービスです。実際に指定した場所に訪問しているような感覚を味わうことができます。
公道のストリートビューはGoogleが専用車で撮影し公開していますが、屋内のストリートビューは業者が有償提供するもので認定カメラマンが指定の機材で撮影および加工の上、Googleのチェックを受け公開されます。
公式HPの充実や他社との差別化、お客様への安心感の提供、人材採用へのご活用等、様々な用途にご利用いただけます。
費用形態は初期費用としてGoogle認定のカメラマンによる撮影と画像加工費用、サーバ設定費用のみとなり、月額にかかる維持費をいただくことはありません。
圧倒的なコストパーフォーマンスで運営の手助けをしてくれるサービスです。

認定代理店 : 株式会社ビジネスラボラトリー

Googleストリートビュー屋内版

システム概要

  • Googleサイト上に「中を見る」「360°」バナーが追加されます。
  • 撮影ポイントを連続して移動することにより実際に訪れているような臨場感を与えます。
  • 通常のGoogleマップ同様に、HP上に埋め込んで掲載できます。
  • SNSやQRコード用に、短絡URLを発行することができます。
  • 撮影はGoogle認定のカメラマンが行います。

▼ Google検索ページ(ナレッジパネル)に「中を見る」バナーが追加されます。
ストリートビュー屋内版

[参考:名称について]
従来は「Googleマップ インドアビュー」という名称でしたが、2015年秋から公道のストリートビューと同じ名称で「Googleストリートビュー」となりました。
Googleにより撮影公開される公道のストリートビューと異なり、屋内版は任意での撮影と登録が必要で、当サイトでは「Googleストリートビュー(屋内版)」という名称を使用しており、従来の「インドアビュー」という名称も一部表記しております。

導入のメリット

  • Googleマップに表示されるようになります。
  • HPに貼り付けることで、より華やかに見栄えよく充実したものにできます。
  • 他施設や他社との差別化としてお使いいただけます。
  • MEO対策ツールとしてお使いいただけます(Map Engine Optimization 地図エンジン最適化)。
  • 話題性や、新しい取り組みに意欲的であるという印象作りにもご活用いただけます。
  • QRコードを掲載することで紙媒体でもアピールできます。

Googleストリートビュー屋内版を導入することでその施設に対する関心度がUP!
ブラウザおよび検索エンジンともにシェアトップといわれるGoogle。その利用者の大半がGoogleストリートビュー屋内版(インドアビュー)の追加を希望しているというデータもあります。

導入事例

【導入までの流れ(目安)】スローライフ八尾南様

  • 打合せおよび撮影
    ・写真撮影:ご相談の上、施設内(複数階)を10ポイント撮影。
    ・Googleマイビジネスへ登録する。
  • Googleサービス上にてスローライフ八尾南様のGoogleマイビジネスページが公開される。
    早速検索リスティング結果が倍増。
  • Googleストリートビュー屋内版が公開される。
    ・リスティング広告で上位に表示。
    ・Googleマップ検索結果も上位に!
    ・それにより問い合わせ件数もアップ。

屋内はもちろん、屋外の撮影もお任せください!
QRコードを読み込んでお手持ちの端末でもお手軽にご覧いただけます。

【室内の事例-1】安房リハビリデイサービス様(4pt)

【室内の事例-2】ソーシャルコート平野様(15pt)

【室内の事例-3】介護老人保健施設 桔梗苑様(40pt)

【屋外の事例-1】大阪北摂霊園様(230pt)

通常のGoogleマップからも(写真左下の回転マークがついた)写真をクリックし、表示された写真を360度回転したり進路方向へ進んで建物内を見て回ることができます。

【その他導入事例ご紹介(一部)】(別ウィンドウでGoogleストリートビューが開きます。)

利用料金

費用形態は初期費用としてGoogle認定の専属カメラマンによる撮影と画像加工費用、サーバ設定費用のみとなります。
費用は撮影枚数や、対象施設の所在地等により異なります。
詳しい見積もりは弊社までお問い合わせください。
初期投資を上回る効果が期待できる今がチャンスです。

▲Top of page