WordPress6.3の変更点(6.4の追記あり)

ホームページをWordPress(WEBサイト、ブログ作成のCMSツール)で作成更新されている方も多いと思います。

今年2023年8月にWordPress6.3がリリースされました。
WordPressの自動更新でバージョンアップしている場合は「最近、編集画面の右のエリアの設定項目などが変わった?」と少々戸惑いの方もいらっしゃるかもしれません。

アクセス権が編集者または投稿者の方向けにいくつか紹介いたします。

  1. [プレビュー]ボタンが文字からアイコンになりました。
    その右横に[投稿を表示/固定ページを表示]ボタンが追加され、画面の切り替えが便利になりました。
    「下書きへ切り替え」は、その下の「概要」エリアへ移動しています。
  2. 画像のサイズ変更がサムネイル/中/大/フルサイズなどシンプルでしたが、アスペクト比が追加されました。
  3. リンクのつけ方
    外部サイトへのリンクの際は別ウィンドウで開くようにしたいのですが、少し面倒になりワンステップ余分に操作が必要になりました。
  4. 開閉式の[詳細]ブロックが新規追加されました。簡単にできていろいろな場面で使えそうです。

テーブル(表)に関しては、変更点はなさそうです。
古いバージョンでできていたようにセル結合ができたり、左の列を<th>(項目の列)にできたり、列の幅の指定ができると使いやすいので開発者の方ぜひ復活させてください。(現在は[クラシック]ブロックやプラグインが必要。)

WordPress6.4の変更点

WordPress6.4(2023.11.07リリース)

  • 画像が[クリックで拡大]が追加されました。
    サムネイル画像等をクリックすると画像が拡大するLightbox風の機能です。
    今まではプラグインで実装していましたが、プラグインなしで標準搭載となりました。
    ただし現段階ではLightboxのようにいろいろな設定項目(機能)はありません。
    グループ化もないため一つの画像をクリックし[< (前へ)][>(次へ)]のようなボタンもありません。
    画像をクリックするとそのページ自体は透過無しの白色で、前面に画像が拡大し再度クリックすると元の画面(ページ)となります。
    おそらく今後、WordPressのアップデートでいろいろなオプションが追加されるのではないでしょうか。
    (追記掲載日:2023.11.24)

 

TAN

前の記事

最近の「すきま時間」